大規模修繕工事業者向け
住民お知らせシステム

エクセルで知らせる エクシラセル(Excilacel)

住民に向けた新しいサービスをはじめませんか?

エクシラセルは大規模修繕工事の際にホームページを利用して住民に最新情報をお知らせするシステムです。
操作が「簡単」なので現場の方でも安心してご利用いただけます。

住民の方からこんな声はありませんか?

住民A 住民A 高層階から1階の掲示板まで「洗濯物情報」を見に行くのが面倒。

住民B 住民B 郵便ポストに投函されるチラシが多いので、必要な工事情報のチラシを見逃してしまう。

紙媒体の工事情報だけでは「不便」と感じることが多いようです。

大規模修繕工事の情報を、WEBサイトで住民の皆様へお届けしたい!でも・・・

現場の方からこんな声はありませんか?

現場担当A 現場担当A 現場担当者のPCスキルでホームページを更新するのは難しい。

現場担当B 現場担当B 紙媒体とホームページの両方を作成するのは手間が掛かる。

無料のHPなどではじめてみても、「面倒」なために運用がとん挫してしまうことが多いようです。

エクシラセルなら使い慣れたExcelでサイトの更新ができます。
だから、専門知識がない現場担当者でもOK。

操作はカンタン! 操作はカンタン!

大規模修繕工事の情報を、デジタル&アナログの両方で住民のみなさまへお届け。

エクシラセルで、「印刷用データ」と「WEB用データ」を同時に作成、ボタン一つでWEBサイトの更新ができます。

エクセルで「工事の工程表や「洗濯物情報」を作成→公開ボタンをクリック→専用サイトに公開 エクセルで「工事の工程表や「洗濯物情報」を作成→公開ボタンをクリック→専用サイトに公開
「エクシラセル」のシステムイメージ

エクシラセルの使い方

Excelで洗濯物情報を作成するイメージ画像

① Excelでいつものように編集します。

公開ボタンをクリックするイメージ画像

② 公開ボタンをクリックします。

サイトが更新される画面イメージ

③ サイトが更新されます。

PDFがダウンロードできる画面イメージ

④ PDFがダウンロードできます。

※この動画には音声はありません。

エクシラセル導入効果

住民イメージ

住民の声

「工事の工程表」や「洗濯物情報」といった工事の情報がスマートフォンでいつでも確認できるので、1階のエントランスホールや郵便ポストに確認に行く手間がなくなり、便利になりました。

現場担当者イメージ

現場担当者の声

配布用の原稿作成とサイト公開が同時にできるので、負担が増えることなく、今まで通りの作業でサイト更新作業ができました。

エクシラセル導入までの流れ

お打ち合わせイメージ

①お打ち合わせ

WEBサイトデザインのお打合せをし、URLを決定します。(既存サイトに作成することも可能です。)

ダウンロードページ制作イメージ

②ダウンロードページ制作

各工事毎にダウンロードページを制作します。セキュリティのため基本認証(ID・パスワード)を設けることも可能です。

エクシラセル制作イメージ

③エクシラセル制作

各工事のダウンロードページを更新するエクセルを制作します。

本番公開イメージ

④本番公開

納品されたエクセルをお客様が編集し、「公開」ボタンを押すだけです。

お問い合わせ

アイデア次第で様々シーンにご利用頂ける製品です。お気軽にご相談ください!